学生は「楽天学割」を利用すべき。楽天学割のメリットと使い方を解説

楽天のサービスの中に学生限定の「楽天学割」というものがあります。

名前の通り学生のみが利用できるサービスです。

楽天学割に登録しておくだけで、教科書・参考書やマンガにDVDなどがお得に購入できたり、旅行費の割引、ブランド服などもお得になります。

正直学生ならば使うしかないというサービスです。

最初に言っておきますが、様々なお得なサービスがついているにも関わらず学生であれば「年会費無料」で利用できます。

 

楽天学割の登録方法

楽天学割の登録方法は以下の図にまとめましたのでご確認ください。

非常に簡単に登録できるので通学時の隙間時間でも登録可能です。

楽天学割の登録方法

手順としてはとても簡単で、学校情報入力し、学生証をアップロードすればいいのでスムーズに登録できますね。

楽天学割の料金

楽天学割の料金は冒頭でも書いておりますが、学生であれば年会費無料で利用することができます。

おそらく長い目で見てそのまま楽天ユーザーになって欲しいなどの意図があっての無料と思いますが、とりあえずそんなことは考えずに無料で使えるので学生は登録しておきましょう。

 

楽天学割の利用条件

条件は特に難しいことはなく、*15歳以上25歳以下の学生であれば登録可能です。

また、国内の教育機関の学生であることが条件になります。

*15歳以上だけでなく高校生以上という条件があります。

 

楽天学割のメリット

送料無料クーポンをもらえる

登録時および年度更新時に楽天市場対象商品が送料無料になるクーポンを24枚をもらえます。

楽天市場での購入時商品計1,000円以上・送料700円以下であればクーポンを利用可能です。

仮に送料700円かかる商品を24回購入したとするとそれだけで16,800円お得になりますよ。

 

送料無料クーポンを利用できるのは画像のように「学割」と書かれている商品が対象になります。

 

楽天ブックスで購入時ポイントが10倍

楽天ブックス

楽天ブックスで商品購入時のポイントが10倍付きます。

単純計算で楽天ブックスで購入すると対象商品に関しては毎回10%割引になるということです。

楽天ブックスには書籍だけでなくCD/DVDなども売っているため自分の趣味で買うときであっても10%OFFになりますので、かなりお得ですね。

ほとんど対象ですが対象外の商品もありますので、ご確認ください。

楽天ブックス ヘルプページ

本屋で気になる本があったら楽天ブックスで調べてみるとお得に買える可能性が高いです。

 

楽天モバイルの月額基本料3カ月無料

楽天モバイル

個人的には楽天モバイル月額基本料金が3ヶ月無料はかなり恩恵がでかいかと思います。

国内通話10分かけ放題付きの「スーパー放題」は月額料金は1,480円かかりますが、3ヶ月無料なだけで約4,500円節約することができます。

無料で登録しておくだけでいいのに4,500円分の割引と思うとメチャクチャお得ですね。

格安SIMを検討している人は楽天モバイルを選んでいいですね。

 

楽天ブランドアベニューで購入時ポイントが2倍

楽天ブランドアベニュー

こちらもセール時期でないならお得に活用できます。

店頭で見た商品が定価だった場合は楽天ブランドアベニューで購入するだけでポイント2倍ですので、自分で持ち帰る手間もかからずに実質の支払い料金も抑えながら欲しいものを購入することができます。

どうせ同じものを買うならお得に買ったほうがいいですね。

楽天トラベル利用で最大4000円割引クーポンがもらえる

楽天トラベル

楽天トラベルを初めてご利用の方には4,000円割引クーポンがもらえます。

一度でも利用したことがあると500円割引クーポンになるのですが、それでも無料登録するだけで割引になるのは大きいですよね。

旅行を考えている人は楽天トラベルもチェックしてみてください。

 

学生は楽天学割に登録すべきです

読んでいただいたように楽天学割に登録するだけでも年間で10,000円以上はお得になりますね。

登録自体も無料で手軽にできるので、学生であればとりあえず登録するしかないような充実度ですのでサクッと登録してお得に暮らしましょう。

amazonでお得に買い物する方法

amazonで買い物するならamazonチャージ利用がお買い得。

初回利用なら、5,000円以上のチャージで1,000円キャッシュバックされるキャンペーンされます。

また、amazonチャージでamazonギフト券にチャージするたびに、チャージ額 x 最大2.5%分のAmazonポイントが貯まりますので、amazonユーザーはお得に利用できます。

 

最新情報をチェックしよう!
let rinkerArray = document.querySelectorAll(".yyi-rinker-contents a[rel='nofollow']"); rinkerArray.forEach((link)=>{ link.rel += ' noopener' })