深夜バスで寝るために必要な荷物は?夜行バスを快適に乗り切るコツ

  • 2019年5月6日
  • 2019年11月15日
  • 旅行
  • 159view

深夜バスに乗ろうと思っているけど、体がきつそうだし眠れるの?と思っていませんか。

確かに深夜バスは長時間乗ることが前提なので、初めて乗る人はどのくらいきついのかも想像つかないので不安ですよね?

僕も初めて利用する時は「絶対キツイ」と思って不安でしたが、数回乗っていくうちに必要なものや少しでも快適に寝るためのコツが分かってきました。

この記事では、旅行で深夜バスを度々利用する筆者が深夜バスを少しでも楽に乗り切る方法を僕が経験した上で書いていますので、参考にしてください。

 

深夜バスに乗車した際の服装

衣類

着替えに関しては結論から言うと、めちゃくちゃ寝やすい格好がいいです。

夏でもエアコン効いていてかなり冷える状態もあるので、軽く羽織れるものを持っておいたほうが安心です。また、冬は元から厚着になるので、暑い時にすぐ脱げる格好をおすすめします。

荷物に余裕があるならスウェットでも全然構いません。他の方の目が気になるなら無理かもしれないですが、長時間バスの中になりますので、少しでも楽な格好をするのが自分の負担を減らせますので他の人の目が気にならない・荷物に余裕があると言う人はとにかく寝やすさ重視の衣類を乗る前に着ておきましょう。

基本的にバスは動いている間は暗いですので、心配し過ぎなくて大丈夫です。

バスによってエアコンなどの効き方が違うので、着脱しやすい衣類で乗るのがオススメ

 

深夜バスで疲れを少しでも減らすコツ

少しでも楽にするコツ

絶対これがあれば間違いないというのはないですが、コツをお伝えします。

  • お金に余裕があるなら独立シートを選ぶ
  • PAで降りれる場合は降りて軽くストレッチする
  • 楽な格好で乗車しておく
  • 前日は少し寝不足の状態にしておく

少しでもできる方法として僕が考えているのが以上の点です。

お金に余裕があるなら独立シートを選ぶ

すみません、これはお金が多少増えるので安く移動したい人にはあまり有効にはなりません。

独立シートのメリットとして、足が伸ばしやすい・隣を気にせずに眠れるといったストレスがなくなるので、寝るための環境としては4列シートと比較するとかなり眠りやすいです。

もし早い段階でバスを予約するのであれば、独立シートでも安かったりするので独立シートでの予約もオススメです。

 

PAで降りれる場合は降りて軽くストレッチする

僕は毎回PAでは明かりがつき、人が移動するので起きてしますので、そのタイミングでお手洗いに行っておき外の空気を吸いながらストレッチしています。

移動距離によって複数回PAに停まりますのでずっと乗りっぱなしと比較すると軽くでもストレッチを行うだけでも身体は楽になります。

 

楽な格好で乗車しておく

これは上記の着替えについて書いた箇所と伝えたいことは同じです。

しかし、寒くて寝付けない・暑くて寝付けないといったことがないだけで眠りに影響がでますので、衣類はきちんと準備しておくとかなり眠りやすくなります。

 

前日は少し寝不足の状態にしておく

これは若干強引かと思いますが、前日は少し寝不足くらいでちょうどいいです。やはり疲れていると眠りに入るのが早いです。

あくまで少し寝不足くらいにしておかないと旅行中に楽しめなかったり、寝過ごしてしまうという可能性もありますので注意しておいてください。

 

深夜バスで寝るときの必需品

睡眠時の必需品

耳栓・イヤホン

周りの音が気になって寝れないと人は必需品。

基本的にイヤホンを持っている人が多いかもしれないですが、眠りが浅い人や眠りに入るまで時間がかかる人は耳栓でしっかり防音対策しておいてください!結局眠れずに目的地まで来てしまったということもありえますので。

バスの中だと以外に細かい音も気になってしまうので、「眠りにつけない…」ということは多々あります。

また、自分より先に寝ている人の「イビキがうるさくて眠れない…」などないように睡眠に対する準備はしっかりしておくべきです。

 

マスク

マスクは基本的に乾燥予防・風予防として使っています。

女性の方は寝顔を見られたくない・スッピンだから隠したいという人も多いかと思います。

やはり長時間車内にいることになるので、空気は乾燥する上にもしかしたら体調悪い人も乗っているかもしてないのでマスクは持っておくべきです。

また、熟睡した時にもしかしたらヨダレが垂れてしまうこともありますので、マスクを持っておいて悪いことはありません。

僕オススメのマスクは以下です。

耳が痛くならず、付け心地がいいのでマスクを買う際はこのマスクを買っています。

 

アイマスク

アイマスクは、眠りに入りにくい人は必須アイテムです。

理由はシンプルで、視覚の情報を遮断するためです。

バスが暗くなるといっても、他の車のライトや・隣の人のスマホの光が漏れているなど自分では制御ができない要素が問題になるので、自分で視覚の情報をシャットアウトし眠りに入るようにしましょう。

快適に眠りたい人にとっては必要なアイテムです。

 

ネックピロー

夜行バスだと何時間も同じ体勢でになることがほとんどなので、寝たとしても首を寝違えたりします。

また、首の角度などで眠りに入れないという人もいるかと思います。そのような人はネックピローは必需品です。

僕も以前は基本的に毎回買ってから乗っていました。

今はそもそもの荷物を減らしたいということから持って行ってもないですが…笑

場所はとってしまいますが、こちらも快適に寝るためには必要なアイテムです。

 

 

深夜バスで寝らずに時間を潰す方法

時間つぶし

乗り物ではあまり寝れないという人もいるかと思うので、そんな方に向けて車内で他の人にも迷惑がかからない方法を選びました。

深夜バスは運転中は電気が消えているので、ある程度行動が制限されますので時間を潰す方法として僕が行ったのは以下の2点です。

  • プライムビデオで動画を見る
  • オーディブル で本を聴く

プライムビデオ

寝るのが無理な人は動画など見て時間を潰しましょう。

バスに乗る前にしておくこととして動画はWi-Fi環境下で先にダウンロードしておいてください。オフライン環境でも見れると電波が弱いところ(トンネルの中)などでも気にせず視聴できます。

注意点として、光が漏れて他の方の迷惑にならないようにブランケットを被るなどしてください。

 

オーディブル

オーディブルとはどのようなサービスなのかを簡潔に説明すると、本を読むのではなく聞くことができるサービスです。

画面を見続ける必要はないので、電気が消えている深夜バスなどでは非常に相性がいいです。

まとめ

いかがでしたか?

深夜バスはキツイからできれば避けたいと思う人も多いかと思いますが、実際予約で席が埋まっているので利用する機会はあるということかと思います。

今回紹介した荷物やコツで利用する際は少しでも快適に旅行ができればと思います。

amazonでお得に買い物する方法

amazonで買い物するならamazonチャージ利用がお買い得。

初回利用なら、5,000円以上のチャージで1,000円キャッシュバックされるキャンペーンされます。

また、amazonチャージでamazonギフト券にチャージするたびに、チャージ額 x 最大2.5%分のAmazonポイントが貯まりますので、amazonユーザーはお得に利用できます。

 

最新情報をチェックしよう!
let rinkerArray = document.querySelectorAll(".yyi-rinker-contents a[rel='nofollow']"); rinkerArray.forEach((link)=>{ link.rel += ' noopener' })